セーラー服で女装をする最大のメリット【現役JKの気分が味わえます】

セーラー服を着て女装をしてみたいけど少し恥ずかしい、、、決心がつかない、、

そんなアナタに「セーラー服で女装をする最大のメリット」をお話していきます。

制服で女装するのは控えめに言って「最高」です

結論を先に言います。

セーラー服の女装で得られる最大のメリットは「現役JKの気分を味わえること」

↑この1行だけを読むと「ホントかよ・・・??」「頭のネジが外れてるのでは・・??」
と思う人もいるかもしれませんが、これは真実です。

僕自身、セーラー服を着て女装をするまでは
「いやいや、、男のセーラー服姿なんてコスプレと一緒でしょ。。そもそも似合うはずが無い、、、」
と思いこんでいました。

しかし、セーラー服というモノは男性が持つロマンの象徴ともいえる服。
全身セーラー女装

↑僕の「セーラー服女装」です。

言い変えてみれば「清楚な女性の象徴」の服です。

女装趣味を持つ人なら、1度は着てみたいと考えますよね。

そして、1度興味を持ってしまうと、引き下がれないのが「男性の本能」

気付くと僕はAmazonでセーラー服を注文していました。ԅ( ˘ω˘ԅ)

セーラー服で女装をすると、どうなるのか??

話題は少し変わりますが「アナタの高校時代」を少し思い出してみてください( ˘ω˘)

女子の制服は「セーラー服」でしたか? それとも「ブレザー」でしたか?

※僕が通っていた高校は「セーラー服」が女子の制服でした。

高校時代、僕は内気なオタク男子だったので「高校3年間、彼女が居なかった」という灰色の青春時代を過ごしていました。

あの時、積極的に学校の女子とコミュニケーションを取っていれば「セーラー服を着た可愛い彼女」が出来ていたかもしれません。

しかし、過去をどんなに悔んでも「仕方が無い」というのは事実。

そんな「灰色の青春時代」を過ごした人にこそ、オススメしたいのが
「セーラー服を自分で着て、現役JKの気分を味わう」という方法です。

「可愛い彼女が出来ないなら、自分が女装して理想の女性像を作り上げた方が早い」という
究極の結論ですね。
女装セーラー

↑僕の「セーラー服女装」です。

セーラー服で「可愛い女装JK」を再現する方法

実際に着てみると分かるのですが、「セーラー服の女装」は非常にテンションが上がります。

上手く女装できれば「こんな彼女欲しい、、、」と思えるレベルまで再現が可能です。

しかし、タダ普通に「セーラー服を着るだけ」では「可愛い女装JK」を作りだすことは難しいです。

ここから先は「可愛い女装JK」を作りだす2つのポイントを紹介します。

①女装メイクを覚える

女装をする時に重要なポイントとなるのが「メイク」

どんなに可愛い服を着たとしても、女装メイクが上手く出来なければ「可愛さは半減」してしまいます。

逆に、メイクさえ完璧に仕上げてしまえば「男っぽい顔」でも「可愛く女装する」ことが可能です。
(`・ω・´)ゞ
セーラー服女装

↑僕は元々「一重まぶた」

「一重まぶた」の男性や、「目が細い」男性でも、女装メイクを覚えてしまえば「簡単」に可愛い目元をつくりあげることができます。

でも、女装メイクって何だか難しそうなイメージですよね。。

ネット上で検索をしても「具体的な女装メイクのやり方」を紹介しているサイトは、ほとんどありません。

僕も実際に女装を始めたばかりの頃は、上手くできずに「何度もメイクを失敗」しました。

そんな僕の失敗談をもとに、作り上げたのが下記の「女装メイクマニュアル

この記事では、「女装メイクに最低限必要な化粧品」と「メイクのやり方」を
画像+動画という形で分かりやすく解説しています。

記事を見ながらメイクをすれば、女装初心者の男性でも「可愛い女装姿」を実現することが可能です。

②セーラー服の選び方について

Amazonで「セーラー服」と検索すると分かりますが、セーラー服は種類も多く、どれを選べば良いか分からないですよね。。
Amazonでセーラー服を検索

↑Amazonで「セーラー服」と検索した結果

セーラー服を選ぶ時のポイントは下記の「3つ」です。

  1. 長袖タイプを選ぶ
  2. スカーフ(リボン)は紺色(こんいろ)が自然
  3. Amazonの★評価が「3.5」以上

長袖タイプを選ぶ

男性の「腕」は女性よりも筋肉質です。

可愛く女装メイクができても、腕を見たら「うお、、男だ、、、」となってしまいます。

そんな悲しい事態を避けるためにも「腕を隠せる」長袖タイプのセーラー服を選ぶようにしましょう。

スカーフ(リボン)は紺色(こんいろ)が自然

その次に意識したいのが「スカーフ(リボン)の色」

セーラー服でよく売られているのが「赤い色」のスカーフですが、
実際に見ると、違和感が強いです、、(色が強すぎる)
セーラー服比較

↑左側:紺色(こんいろ) 右側:赤色(あかいろ)

両方とも試してみましたが、「自然な女装」を目指すなら、紺色(こんいろ)が良いですね。

ちなみに僕が選んだセーラー服は、紺色(こんいろ)と赤色、両方のスカーフがセットになっているので
「赤色のスカーフも気になる、、」という人にもオススメです。
(自分の好みに合わせられます)

Amazonの★評価が「3.5」以上

なんだかんだで、Amazonのレビュー評価は参考になります。

上記で紹介した「MIRIPARIS(ミリパリ) 」のセーラー服は、49人がレビューして
「★評価5点満点中 4点」

レビューの評価が高い↑Amazonレビュー

Amazonで売られているセーラー服の中でも、かなり良い評価です。
レビューしている人の数が「多い」というのも信頼できます。

買うなら「失敗したくない」というのが人の本音ですよね。

運が良かったのか、僕は1つめで「アタリ」のセーラー服と出会うことができました。
セーラー女装全身

「女装で着るセーラー服」を選ぶのであれば、

  1. 長袖タイプを選ぶ
  2. スカーフ(リボン)は紺色(こんいろ)が自然
  3. Amazonの★評価が「3.5」以上

この3つの条件を満たしているか? という部分をチェックするのがポイントです。

※ちなみに「MIRIPARIS(ミリパリ) 」のセーラー服は3つの条件を全て満たしています。
Amazonでも「在庫切れを起こしやすい」セーラー服なので欲しい人はお早めに!