【女装する時の肩幅対策】失敗しない女装服の選び方も紹介します

女装する時にどうしても気になるのが「男らしい肩幅」

可愛く女装してみたいけど「肩幅が広くて」悩んでいる、、
そんなアナタに「肩幅を小さく見せる5つのポイント」を紹介していきます。

女装で肩幅を小さくする為には「三角形」を意識する

まず知っておきたいのが「男性の肩幅は、女性よりも広い」ということ。
肩幅が広い

↑僕の肩幅です。

女装するときはこの「男っぽい肩幅」を誤魔化す工夫をしないと
「一気に男っぽく」見えてしまいます。

では、どうやって肩幅を誤魔化せばいいか?

そのポイントは「逆三角形」と「三角形」にあります。

「逆三角形ボディ」という言葉を耳にしたことはありますよね。
男性の場合、肩幅が広いので体を正面、または真後ろから見た時に「逆三角形」のように見えることがあります。

それに対して「女性は腰がくびれて、お尻が膨らんでいる」ので「三角形」に見えることが多いです。

三角形と逆三角形

(左)僕の男姿の写真 (右)僕が女装した時の写真

女装をする時はこの「逆三角形」をいかにして「三角形」として見せるか? 
というのがポイントになってきます。

三角形を意識的に作ることによって「肩幅は小さく」そして「腰から下の部分は大きく見える」ので、女性らしく見せることが出来ます。

そしてこの「三角形」を作るときに便利なのが「ワイドパンツ」というレディース服。
ワイドパンツ

↑ワイドパンツ

ワイドパンツは「腰を細く」そして「足元を広く」見せる効果があるので、女性らしい三角形を作る時は非常に便利

また、筋肉質な「男の足」を隠せるメリットもあります。

「女装をする時に肩幅を小さく見せたい」のあれば、1つは持っておきたいレディース服ですね!
(灬╹ω╹灬)

女装をする時は肩幅への視線をそらす

「肩幅」に視線が行かないように「小物」や「リボン」を女装で使うのも効果的な手段の1つ。

僕が女装をする時によく着るのが「セーラー服」

「可愛いから着たい」という理由もありますが「肩幅を誤魔化しやすい」という狙いもあります。
リボン+小物

↑セーラー服での女装姿

というのも、セーラー服には「襟(えり)」「リボン」がついています。

この2つがあると、女装姿や女装の写真を見た人の視線はどうしても「襟(えり)」や「リボン」に行きますよね。

それに加えて「襟(えり)」は肩幅を小さく見せるという効果もあります。

これがセーラー服を女装で着る「狙い」です。

可愛さで女装服を選ぶのも大事ですが、「いかにして肩幅を誤魔化せるか?」という部分を意識して服を選ぶと女装のクオリティは格段とアップしますね!

ロリータ服も同じ効果がアリ

セーラー服の「襟(えり)で肩幅を小さく見せる」効果はロリータ服でも再現可能です。

ロリータ服

↑僕のロリータ服女装

ロリータ服もセーラー服と同じように「首元にリボン」が付いている服が多いので、見る人の視線をそこに誘導することができます。

これが「ロリータ服を女装で選ぶ大きな理由」ですね。
(そして、ロリータ服はデザインも可愛い)

ゆったりとした服を着る

女装服を選ぶ時は「トレーナー」や「パーカー」等のゆったりサイズの服を選ぶのも「肩幅対策」には効果的。

逆に、体のラインがハッキリと分かる「ピッタリとしたレディース服」は肩幅が目立ちやすいので避けた方が良いです。

ゆったりとした服

↑ゴスロリ風のトレーナーで女装

トレーナーを選ぶ時も無地のモノよりは、上記の写真で紹介しているような
「デザインが入ったモノ」の方が良いですね。
(見る人の視線を誘導できるので)

細かい部分までチェックしてから、女装服を選ぶのも1つのポイントです。

女装服の選び方をもっと詳しく紹介した記事は、下記からどうぞ。

女装の「ポーズ」と「角度」で肩幅をごまかす

この項目はちょっとした「テクニック編」

女装で写真を撮ってもらったり、自撮りをする時は「肩幅が目立ちにくいポーズ」や「角度」を意識することも大切です。

「失敗例」「成功例」 両方の写真を使って紹介していきます。

失敗例

失敗例

これはほぼ真正面から撮影した「アリス風メイド服」の女装写真。

正面から撮影して、尚且つ角度があまり付いていないので「肩幅が広く」見えてしまいますね。。

次に「成功例」を紹介していきます。

成功例

成功例

先ほど「失敗例」とは異なり、良い感じに角度を付けて女装の写真が撮れています。

ポーズも低い位置よりは「高い位置」でとった方が、肩幅を誤魔化しやすいですね。

女装自撮りを撮る時は「写真を撮る角度」「高い位置でのポーズ」この2つが重要となってきます。

ちなみに、この写真で着ている「アリス風メイド服」はエプロンの用にフリルが付いているので「肩を隠せて」とても便利です。
(そして、デザインが非常に可愛い)(灬╹ω╹灬)

肩幅対策には「ロングヘアー」の女装ウィッグ

ここまで読んでくれた人は既にお気づきかと思いますが、僕は女装をするときに「ロングヘアー」のウィッグを使うようにしています。

理由は簡単で「肩幅を誤魔化せる」効果があるから。
ロングヘアーのウィッグ

↑ロングヘアーのウィッグで女装

肩にウィッグの髪がかかっていると、女装を見る人の視線も無意識に分散させることができます。

また、ロングヘアーのウィッグは「男っぽい顔の輪郭を誤魔化せる」という効果もあります。

1つの女装アイテムで「2つのメリットが得られる」

女装を可愛く見せたいウィッグを選ぶなら「ロングヘアー」一択ですね!
(灬╹ω╹灬)

今ならAmazonでセール価格で買えます!
定価:3,288円⇒2,688円(18%OFF)

プエラリアを男が飲むとどうなる?【体の変化を画像付きで紹介】

2018.07.26