月無ことのは日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月無ことのは日記

美少女ブロガー、月無ことのはちゃん(@tukinasikotonoh)の雑記ブログ!

月無ことのは日記

【カワイイはつくれる!!】沖縄在住のアニメオタクが女装してみた!

 どうも、月無ことのは(@tukinasikotonoh)です。

 突然ですが皆さん、身近に女装する人は居るだろうか?

女装(じょそう)とは、それぞれの文化によって「女性用」と規定されている衣服・装飾品を男性が身につけ、これによって外見の衣装上は女性の姿になることを云う。男性の異性装である。

引用元:Wikipedia

 僕(月無ことのはちゃん)の住んでいる沖縄で女装する人はあまり見かけないのだが、東京などに行くと結構な割合で居るという噂を聞いた!

 僕(月無ことのはちゃん)も今まで女装にまったく興味は無かったのだが、ある人の影響で女装にチャレンジしてみることにしたwwどんなチャレンジだ。

 我ながら結構可愛く撮れた自撮り画像や、女装をしようと思ったきっかけ女装して分かった事などを備忘録として綴っていくので、最後まで呼んでくれると嬉しいなッ!

それじゃ、いっくよ~~!!!

女装をしようと思ったきっかけ

  はてなブログを使っている人なら知っているかもしれないが2016年の7月にあるオカマ*1さんの記事が話題になった!

初めての女装と初めてのナンパ

そうです、リンゴスさん(りんご水さん)です!!!

twitter.com

 この人の影響で僕(月無ことのはちゃん)は女装をやってみたいと志すようになったのだ!

※最近は女装系の記事を書いていない様なので少し悲しい。。。

 初めてリンゴスさんの記事と女装画像を見たときはとても衝撃的だったのを今でも覚えている...

 男(オカマ)でもここまで可愛くなれるのか???

と思ったのが一番最初の感想だッ!

 少し話が逸れるのだが、僕は今年で22歳になるが10年近く彼女が居ない。
(はてなブログを始めてから何度かリア充イベントが起きる様にはなったがww)

www.tukinasikotonoha.com

 前々から「ロリータ服やメイド服を着てくれる可愛い彼女ができないかな~」と願っていたが、リアル(現実)はそこまであまくない。

 そんな僕の打開策となったのが、リンゴスさんの記事なのだッ!

 ロリータ服を着てくれる可愛い彼女ができないなら、自分が女装して理想の女性像を作り上げればいいのでは?」

 と逆転の発想が浮かんだッ!

※ホモと勘違いされない様に前置きしておくが、僕の恋愛対象は「女性」ですww

 女装したいと思うものの、メイクに関する知識は皆無なのでここまでの女装クオリティを目指すの無理だなと7月初旬は諦めモードに突入しかけていた。

 そのような時期にふとTwitterのTLを眺めているとリンゴスさんがハースストーンの配信をやっていた。※当時の配信履歴↓(今は削除されて見れなくなっている。)

【配信】でりでりとハースストーンやります : CaveTube

 「これはまたとない機会だ!」と考えた僕(月無ことのはちゃん)は配信のコメント欄で女装指導についてのご教示を願うコメントを発言し始める。

※配信途中から「女装したいオタク」というとんでもないコテハンを付けてるww

配信コメント

めっちゃ熱心にオカマ指南を受ける「女装したいオタク」さん。

 

 この配信で貴重な情報を得た僕(月無ことのはちゃん)は女装実装に向けて少しずつ準備を始めていく。

 そうして、オカマコーチング配信で教えてもらった化粧品をAmazonで物色しているとまたもや、僕に有力な情報が入りこんでくる。

これから女装を始める君へ!

 

な、なんとリンゴスさんが7/16のオカマコーチング配信(CaveTube)で紹介した女装グッズなどを分かりやすく紹介してくれる記事をアップしていたのだ!!

 「女装 化粧」「女装 入門」で検索をしてもGoogle検索結果1ページ目に出てこないのが不思議なくらい実践的な内容になっているので女装をしたい人は是非、一読して欲しい。

 ちなみにリンゴスさんの女装は「クラシックロリータ」というタイプらしい。※略してクラロリ。(恋愛シュミレーションゲームのタイトルにありそうだ。。。)

 こうして僕は女装家ブロガー?の影響によりオカマ道を歩むことになったのだ。

第1話「オカマ道、始めます!」 

女装の挫折

 上記で女装に対するモチベーションと情報を得た僕(月無ことのはちゃん)は

「メイクがちゃんと出来たら服を買おう」と考えた。

 身長が155cmくらいしか無いので、女装向けの体系とはいえるがなんせ顔が根っからのオタクフェイス。いくら化粧で取り繕ったところで、理想のオカマが再現できるとも限らない。

 女装記事の投稿が遅れてしまったのもこれが1つの要因だといえる。7月下旬に1度女装メイクに挑戦したのだが、「何度やってもアイプチで二重が上手く作れず」挫折してしまった。(挫折したままの方が良かったのか・・・?)

「二重が作れる」というのも女装経験を通じて始めて知った。
※世の中の女の子はこういう風に”カワイイを作っている”のか・・・

  というか7月に転職して「仕事を覚える前に女装を覚えようとしていた」というのは今考えると普通にヤバい。

 

※2016年7月に転職した。

www.tukinasikotonoha.com

女装への再チャレンジ

 せっかく化粧品を購入したのに女装を諦めてしまったのは勿体ないと前から悔やんでいた。

 そのような思いを抱えつつ、僕(月無ことのはちゃん)は10月8日から、はてなブログを書いていたのだが、「月無ことのは日記※当ブログ」を続けているうちにブログを通して知り合った人達から下記のような声を貰うようになったのだ!

たけ氏(@jin30cm)さん | Twitterネック@はてなブログ(@nekjinjya)さん | Twitter

引用元:たけ氏(@jin30cm)さん | Twitter

引用元:ネック@はてなブログ(@nekjinjya)さん | Twitter

 このような声援?が積み重なって僕(月無ことのはちゃん)はもう1度女装にチャレンジしてみよう・・・!と決意したのだっ!!!アリガトウ!!!

 ただ、7月の女装チャレンジと違う点はメイクをする前にロリータ服を先に購入したという点だ。(覚悟をキメタ)

 本当であればリンゴスさん同様にクラシックロリータで全身をオカマ武装したかったのだが、axes femme(僕が欲しいクラシックロリータの服を取り扱っているお店)那覇メインプレイス店にいきなり行って

「僕に似合う女装コーディネートお願いします!!!」

と店員さんに言う勇気は出なかったのでネット通販でロリータドレスを購入することにした。

  ついに後戻りできないところまで来てしまった僕(月無ことのはちゃん)は慣れない手つきの中、オカマメイクを実装していったのだッ!

 ※こういうロリータ系のファッションは凄く可愛いと思うのだが、多くの女性からは不評っぽいので非常に残念。

 僕の母にも質問したのだが「アリエナイ」とのご回答を頂いたww

女装服女装服

※ユニクロで「WOMEN エアリズムブラタンクトップ」も購入したww

 余談だが、僕は実家暮らしの社会人オタク。自分の部屋が有るが家族に女装がバレテしまうのは時間の問題だといえるだろう。

 ならいっそのこと「女装したい旨を打ち明けた方がいいのでは?」と頭のおかしい思考回路を巡らせた僕(月無ことのはちゃん)は父と母にお願いして女装協力のお願いをする。

 無事、女装の許可を貰えただけでなく、「父には女装のカメラマン役」「母にはメイクの手伝い」までしてもらったので、本当に理解ある両親だと心から感謝している。

 ただ「25歳を過ぎても女装をするような所業は許さない」と母から釘をさされているのも肝に銘じておかないといけない。

女装をする為にレーザー脱毛に手を出す

 女装をするにあたって、腕と足といった目につきやすい部分にムダ毛が多く存在するのは死活問題だと思ったので、僕は女装の為に、レーザー脱毛にも手を出すことにした。

 その内容については下記の記事で、詳しく経過を載せているので(写真付き)是非読んでみてね!

www.tukinasikotonoha.com

自撮りコーナー

 ここまで長々と女装実装に至る経緯を書いたが「いいから女装画像を貼れよ!」と苛立つ人も居るだろう。僕も自撮り画像を早く見て欲しくて仕方が無い。

 それでは!いよいよオカマ披露宴となるぞっ!!!

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 自撮りといえばやっぱりのこの角度!

 まさか、人生初のネットに上げる顔出し自撮り女装姿になるなんて、思ってもみなかったw

 ※可愛い女の子が出てくるゲームのタペストリーやラブライブのタペストリーが後ろに有るが、気にしたら負けですww

 

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 涙袋とポーズを強調するオカマ。

目の下の、下まぶたに添ったふくらみのこと。
別名:涙堂(るいどう)。また、ホルモンが詰まってできていることからホルモンタンクと呼ばれることもある。

  僕は涙袋は無いが、↓の化粧品を使えば簡単に作ることができる

 

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 髪を整えることのはちゃんを見て!!

 

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

ここでTwitterの宣伝。

 最近またちょくちょく呟き始めたので、これを機にフォローして頂けると、ことのはちゃんが喜びます。フォローミー!!!

twitter.com

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん母さんとツーショット

 僕の兄弟に女の子は居ないが、女装記念に父と弟と母にお願いしてツーショットを撮ってもらった!

やったね!!女の子(オカマ)が家族になったよ!!

 

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 僕(月無ことのはちゃん)の好きな2次元ガールズとも一緒に写真撮ったよ!

 

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 自撮りをしすぎてオカマの活動限界が近い模様。

「どんだけ自分の事可愛いと思ってるんや!!ww」っていうぐらいたくさん撮ったので女装レポート記事に自撮りを貼りつけるのはここでストップしておく。

  お母さんにも「思っていたよりも可愛かった」と及第点の言葉を頂いたので、初めての女装にしては良かった方かなという感じ。

 これから寒くなるので女装の回数は増やしていきたい

(ロリータ服、めちゃ暑いww)

 てな感じで自撮りコーナーはこれにておしまいッ!

女装して分かった事

女子がプリクラで口元を隠す理由

 小学生・中学生の頃、女子に何度がプリクラを見せてもらう機会があったが、多くの女子が絵文字やスタンプ等を使って口元を隠していた。

 幼い頃の僕はその行動の意味がよく分からなかったが、女装を体験した今なら分かる!

 そうだ、口元が可愛くないからだッ!!

 僕のオカマ画像を見てもらえれば一目瞭然だが、全ての画像で口元を隠している。

 「リンゴスさん」の教えに従い男の醜い部分は包み隠すのが女装では大事な事となっている!

 仕方がないのだ。男に生まれたのだから、手は強張っているし、顎や肩なんて特に目立つ。そして永久脱毛なり女性ホルモン投入でもしていない限りヒゲは永遠の課題だ。その全てを下手に女性に近付けようとすれば、当然歪む。だからといって何とか処理をしなければ『どこからどうみても男のオカマ』という、自分のプライドが許せない化物(元からバケモノだが)が誕生してしまう。自分の中の女装の一線として『声を発さなければ男と認識されない』程度には擬態をしたい、というものがあり、それは『惨めな自分ではない何かになりたい』という願望に直結しているのだ。

 そしておれは1つの答えに辿り着いた。


小汚い部分を受け入れ、隠す。』

引用元:小汚いオカマ日記

 今では女装という異常行動をする僕にも小学校5年生から中学1年生までは彼女が居た時期があった。

 アイメイクは二重にして涙袋を作って、付けまつげを装着すればほとんどの人がある程度の可愛いを作れるということを僕は女装を通して実感した。

 だが、口元やアゴというのは形を変えることができないので生まれもったパーツが重要となってくる。※流石に整形までするつもりは無いww

 中学1年の頃付き合っていた彼女とはプリクラに1回だけ行ったが確かに口元を隠していた気がする。僕は気にならなかったのですが本人は口元が気にいらなかったのだろう。当時のプリクラデータを削除してしまったのは今でも悔やまれる。

 口元が整っている人、ホンマ羨ましい・・・個人的に少し出っ歯気味な人が女装に向いているかなと思う。後、顔が丸い人。

デート代を男が出す理由

 日本では「デート代を男が多めに出す」という場面が多いが、これも仕方のない事だなぁと女装をして気付いた。

 メイクとか服ってやっぱりお金が掛かるんだよねッ!!

 今回のロリータ服だって6,300円もしたし、なんだかんだ化粧品とかでも6,000円以上使ったりしているww

化粧品女装服

女装服ウィッグ

 美容意識が高い女性は上記の費用に加えて「エステサロン」「美容外科クリニック」などにも通うと思うので、月額の可愛いを作るためのコストはさらに高くなると月無ことのはちゃんは予想している。

 僕が今後、女性とお付き合いができるかどうかは分からないが、もし交際する場面があればそのような部分を意識していきたい!意識の高いオカマ。

女子が自撮りをSNSに上げる気持ち

「そんなん自分の事が可愛いと思ってるからだろ!!」

とほとんどの男性は頭では理解しているけどなかなか口には出さないと思う。

 これ、自分の女装自撮りが有る程度上手く撮れるとすごい分かる。

 やっぱり人間、自分が可愛く撮れるとやっぱり嬉しい。

 ましてや僕の様に大人になってからの恋愛経験が無いオタクが女装に目覚めてしまうと、何枚も自撮りを撮ってしまう。

 僕(月無ことのはちゃん)は元々、アニメ声優さんの自撮りをTwitterなどで見たりするのが好きなので、今後は自分にも活用できる自撮り術を学んでいきたい!

今後、女装をするにあたっての課題

アイメイクとアイプチ技術をマスター

 初めての女装にしてはよくできた方だと思うが、今回はアイメイクに関してはお母さんの全面的なバックアップの元、実現できたもの。

※付けまつげとアイプチ難しすぎるでしょ。。。

 アイプチのりを付けるタイミングもいまいち掴めていない感じ。。。

 現在のメイク手順は

化粧水⇒乳液⇒BBクリーム⇒ファンデーション⇒チーク⇒涙袋⇒つけま⇒アイプチ

なのだが、これだとアイプチのりを付けるのに凄く時間が掛かった。

 メイクに関してはど素人なので、身近な人やネットの力を借りて行きたいと思う。

※こうやるといいよ!っていう手順があれば教えて頂けると嬉しいなッ!またリンゴスさんに訊いてみようかな・・・

 ちなみに今回のメイクでは「アイシャドウ」「アイライナー」を使っていない。「オカマメイクは目が命」的なことをリンゴスさんが言っていた気がするのでアイメイクは早めにマスターしたい。

クラシックロリータ実装

 今回僕(月無ことのはちゃん)が身に付けたロリータ服はなんちゃってロリータのドレスなので、僕が第1目標地点としているクラシックロリータのaxes femme(アクシーズファム)の服で全身オカマ武装したいと考えているw

  本音をいえば、リンゴスさんが愛用している

Innocent WorldBABY,THE STARS SHINE BRIGHTの服を購入したいところだが、この2店は沖縄に店舗が無い為オンラインショップで購入するしかない。

 ロリータ服は値段が結構高いのでネットで購入するとサイズが合わないかもという懸念点が残る。

 axes femme(アクシーズファム)は沖縄にも実店舗を構えているので、実際に試着しながら購入できるというメリットがある!というか、僕は実店舗に行くだけの勇気があるのか・・・?

女装服をプレゼントして欲しいな★ミ

 ここで月無ことのはちゃんから心優しいみなさんにちょっとしたお願い!

 ちょっと話は変わるが、僕は「メイド服」「セーラー服」が大好きだッ!!

少年メイド 9 (B's-LOG COMICS) 月刊アニメスタイル 第1号 (ねんどろいどぷち逢坂大河 最終回セーラー服ver.付属)

 ピンクロリータ服の次は、「メイド服」「セーラー服」の女装にも手を出したいと考えている!(axes femmeはもうちょい段階を踏んでからでオナシャスww

 というわけで、月無ことのはちゃんも先日、「欲しい物リスト」を公開したのだっ!

※欲しいモノリストの中には「メイド服2点+セーラー服1点」の3つが入っている!

(あと、二重を作るアイプチのりと、つけまつげも入ってるよ!)

www.amazon.co.jp

 ※もし、「月無ことのはちゃんにプレゼントしても良いよ!」という人が居たら、「メイド服※レディース M」or「セーラー服※Mサイズ」を上記の欲しい物リストからプレゼントして欲しいッ!

 ちなみに僕の身長は155cm、体重は44kg!!

 

 「メイド服」「セーラー服」がもし、月無ことのはちゃんに届いたら、

「女装自撮り記事※女装レポート」をまた書きますっ!!!
 アイプチのりと、つけまつげもプレゼントしてくれると嬉しいなッ!

 

 「月無ことのはちゃんに住所バレルのはちょっと・・・」という人は、サキさん (id:masaki709) が公開している下記の方法を使えば匿名で配送することができるのだ!!

www.nubatamanon.com

 プレゼント待ってるよ!!★ミ

総括

 という感じで僕の女装レポートはこれにて一旦おしまい。

 今後も女装には積極的にチャレンジしていきたいと考えているが、今のところは未定ww

 僕が女装の世界に踏み入るきっかけとなったリンゴスさんには圧倒的感謝!

 最後に、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!!!!!

「Live.me」というライブ配信アプリで女装姿の生放送(配信)もやっているのでぜひ遊びにきてね~~!

女装配信

Live.me(ライブミー) – 動画ライブ配信・生放送SNS
Live.me(ライブミー) – 動画ライブ配信・生放送SNS
開発元:KS Mobile, Inc.
無料
posted with アプリーチ

*1:当ブログでは『オカマ』という単語を使いやすさの都合上、本来の意味での「オカマ」とは別の多義語として使用しています、ご注意ください。※引用元:小汚いオカマ日記「リンゴスさんのブログ」