タイのプリペイドSIMカードは日本で購入するべし【使い方も解説】

「初めてのタイ旅行でスマホをネットに繋ぎたい、、でもやり方が分からない、、」

こういう疑問をもつアナタに、挿し替えるだけですぐに使える「タイのプリペイドSIMカード」を紹介していきますね。

タイのプリペイドSIMカードは日本で購入しておいた方が良い

まず知っておきたいのが「日本で使っているスマホSIMを海外で使う」と「高額の通信料が発生する」ということ。
到着DM

↑僕はタイに旅行に行くとき、「現地に住んでいるタイの知り合い」にアドバイスを貰いました。

「タイにポケットWi-FIを持っていけば」日本で使っているスマートフォンをタイでも回線に接続することができます。
しかし、荷物が増えるので正直メンドウですよね。。

そんなアナタに知っておいて欲しいのが「タイのプリペイドSIM」です。

Amazonで買えるプリペイドSIM

プリペイドSIM

↑はタイの携帯通信会社「AIS」が販売しているプリペイドSIMカード。
「AIS」は日本でいうところ、「ドコモ」のような存在です。

このプリペイドSIMカードを「SIMフリーのスマートフォン」に挿しこむだけで
「タイでもすぐにネットを使う」ことが可能になります。

タイの空港でもプリペイドSIMは購入できますが、「英語やタイ語が分からない」と正直不安ですよね。。
日本で先に購入しておけば、メンドウな手続きも無しで挿しこむですぐに使えるのでオススメです。

SIMフリー端末も用意しておくべし

上記の「タイプリペイドSIM」を使うときは「注意点」があります。

それが「SIMフリーのスマホ」もしくは「SIMロック解除をしたスマホ」じゃないと、タイプリペイドSIMが使えないということ。

au、ドコモ、ソフトバンクで購入したスマホには「SIMロック」というものがかかっています。

■国内の携帯電話会社(キャリア)のスマホにはSIMロックがかかっている

国内の携帯電話会社(キャリア)で販売しているスマートフォンなどの端末は、各社で採用する通信規格や周波数帯が少しずつ違っているため、SIMカードに合わせて利用制限されています。これが「SIMロック」の状態です。例えばNTTドコモで購入したスマートフォンでは、NTTドコモのSIMカードのみが使えるようになっているので、au(KDDI)やソフトバンクなどその他の携帯電話会社のSIMカードは使えません

SIMロック引用元:「SIMフリー」「SIMロック解除」って何のこと?- SIMとは?(はじめてのモバイルONE) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

【簡単に説明】
「ドコモで購入したスマホ」に「au」や「ソフトバンク」のSIMカードをそのまま挿しても使えないよ! というシステムですね。
タイのプリペイドSIMも、そのまま挿すだけでは使えません。
SIMロック端末を「SIMフリー端末」にするためには「au・ドコモ・ソフトバンク」の自分が契約している通信会社にお願いして「SIMロック解除」をしてもらう必要があります。

ただ、この「SIMロック解除」なのですが、スマホ機種が古いとロック解除ができなかったり、
手続きがややこしいなど「少しメンドウ」なことも多いです。

「メンドウな手続き無し! プリペイドSIMを挿すだけでネットをタイで使いたい!」という人は
SIMフリーのスマホを新しく購入するという方法もあります。

iPhoneのSIMフリースマホが欲しい方向け

僕も使っている「iPhoneSE」

2016年の3月に発売された機種ですが「片手でラクラク操作できるコンパクトサイズ」から今でも根強い人気を集めています。

タイだけでなく、日本国内でも使いやすい定番のiPhoneですね。

AndroidのSIMフリースマホが欲しい方向け

2015年8月に発売されたAndroid機種ですが、こちらも結構人気。
※僕も以前使っていたのですが「かなり使いやすい」です。

お値段もiPhoneSEの半額以下の「1万円前後」で新品が購入できちゃいます。

「iPhone」か「Zenfone」どちらかのSIMフリー端末を1台もっておけば、タイのプリペイドSIMを挿すだけですぐにネットを使えるので非常に便利ですね。

タイに着いてから、プリペイドSIMに挿し替える

プリペイドSIMカードを使うときは「タイに着いてから」挿し替えるようにしましょう。

また、iPhoneの場合は「SIMを取りだすためのピンが必要」になるのでそちらも忘れずに!
SIMを取りだすピン

↑こんな感じでピンを使って、SIMカードの挿入口を取りだします。

プリペイドSIM挿入

↑あとは「AIS」のSIMカードをスロットにセットして、挿し直すだけです。
(とても簡単)

Androidの場合は機種によって「裏側のバッテリーパック」を外す必要があります。
旅行に行く前に「SIMカード」の挿しこみ口がどこにあるかチェックしておくのが大切ですね。

タイのプリペイドSIMの使い方・設定方法

iPhoneでタイプリペイドSIMを使う方法

iphone設定方法

iPhoneの場合は「保存されているプロファイルの削除」という作業が必要になってきます。

iphoneプロファイル削除
  1. iPhoneの「設定」⇒「一般」⇒「プロファイル」⇒「プロファイルを削除」をタップ
  2. プリペイドSIMをiPhoneに挿し替える
  3. iPhoneの機内モードをオフにする
  4. モバイルデータ通信をONにスライド

たったこれだけの作業で「AIS」の通信回線が使えるようになります(`・ω・´)ゞ

AndroidでタイプリペイドSIMを使う方法

android設定方法

Androidの場合はちょっとした「手動設定」が必要です。※3分程度で終わります。

  1. プリペイドSIMをAndroidに挿し替える
  2. Androidの「設定」⇒「もっと見る」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」⇒「右上の+マーク」をタップ
  3. 名前⇒「AIS」、APN⇒「internet」、認証タイプ※auth⇒「CHAP」を入力し保存

入力する部分は実質「3か所」なのですぐに終わりますね!

日本で使っていたSIMカードは無くさないように「ケース」に入れて保管しておきましょう。
日本に帰ったら、また挿し替えて使います。

SIMカードの保管

アプリを入れると「残りの通信容量」が見れるので便利

ちなみにですが「AIS」のプリペイドSIMカードは専用の無料アプリをインストールすることで
「残りの通信容量」をすぐに確認することができます。
AISアプリ画面

my AIS

my AIS

posted withアプリーチ

LINEやTwitter、インターネットで調べ物ぐらいであれば、データ通信料を使い切る心配もありません。

※7日間で「2.5GB」の通信を使うことができます。
それを超えると384kbpsへ速度制限がかかりますが、384kbpsの通信速度でもLINE等のSNSやメールなどストレスなく利用可能です。

こういう時に役立つ【タイのプリペイドSIM】

入国審査

タイの空港に到着すると預けた荷物を受け取る前に「入国審査」というモノがあります。

その時に「入国カード」というモノを記入するのがですが、これが「全て英語表記」、、、
入国カード

英語が読み書きできないと、この「入国カード」を書くのも一苦労です。。

そんなときにスマホでネットが使えたら「調べながら書ける」ので便利ですよね!
(実際に僕も「入国カード」はスマホで調べながら書きました)(`・ω・´)ゞ

タイでタクシーを呼ぶ時+行き先を運転手に伝える時

タイ旅行での移動手段は主に「タクシー」を使うことになります。

宿泊先のホテルまでの経路をタクシーの運転手さんに伝える時に、スマホが使えないと不便ですよね。。

Googleマップを使えれば、言葉が通じなくても行き先を伝えることができるので非常に便利。

Google マップ - 乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

posted withアプリーチ

また、タイでは「Grab」という「タクシーを呼んで、尚且つ行き先までアプリ上で指定することができる」アプリもあります。
とても便利なのでこちらもスマホに入れておきましょう。

Grab - Cars, Bikes & Taxi Booking App

Grab – Cars, Bikes & Taxi Booking App

posted withアプリーチ

「Grab」の詳しい使い方はこちらから↓

日本で購入しておけば困ることも無し、タイのプリペイドSIM

以上がタイのプリペイドSIMの「設定方法」「使い方」となります。

英語やタイ語が喋れなくても、スマホのネットがあれば「どうにかなる」便利な世の中ですね・・・
(喋れると、海外旅行はもっと楽しくなると思います)

海外で「スマホのネットが普通に使える」というのは非常に便利です。
これは僕が「初めての海外旅行(タイ)」で身を以って経験しました。

これから「タイに旅行へ行く!」という方は、ぜひ今回の記事を参考にプリペイドSIMを使ってみてくださいね~!
アナタのタイ旅行が素敵な思い出になることを願っています。

ではでは~(o´・∀・o)ノ彡

タイ旅行で必要な持ち物・必需品まとめ【初めてバンコクへ行くアナタに!】

2018.08.19