女装するときに気になる「青ひげ」を目立たなくする方法を教えます!

「男の娘になりたい」「女装したい」と思っているけど
口周りの「青ひげ」が気になる・・・

女装願望を持っている人の中には上記のような悩みを抱えている人が結構多いです。

僕も、女装を始めたばかりの頃は口周りの青ひげが目立ってしまって
どうしようか悩んでいたのを覚えています。

どんなに上手く女装メイクができても、ひげの跡が残っていると
やはり「男」に見えてしまうもの。

どうにかして青ひげを目立たなくさせることはできないかと
これまで様々な方法に手を出してきました。

今回はその中で調べてきた【女装のひげを目立たなくさせる方法】
お伝えしていこうと思います!

僕と同じように、女装や男の娘に興味あるけど
「ひげの跡で悩んでいる」という方の参考になれば幸いです!

月無ことのは

月無ことのは
それでは「女装のひげ対策」スタートッ!

女装のひげ対策、3つの方法

ひげを処理する方法は人それぞれですが、僕がこれまで試してきたのは以下の3つです。

  1. 毛抜きでひげを抜く
  2. コンシーラー・BBクリームなどの化粧品を使う
  3. ひげを薄くできる抑毛剤(ローション)を使う

ここからはそれぞれの女装ひげ対策の特徴などを書いていきます。

毛抜きでひげを抜く

毛抜き
最もシンプルでお手軽、そしてお金のかからない方法ですね。
しかし、それゆえに「結構な時間」「ひげを抜くときの痛さ」が伴います。。
かかる時間はひげの濃さにもよりますが、僕は綺麗に抜きおわるまで
「3時間」近くかかっていました。

また、肌に負担をかけてしまう方法でもあるので人によっては毛穴が炎症を起こしたり、毛がキレイに抜けず「黒いポツポツ」のような後になったりすることもあります。

こんな人にオススメ・とにかくお金をかけずにひげを脱毛したい人

POINT・費用と手軽さに関してはピカイチ
・時間がかかる
・肌荒れ、毛が埋まるリスクがある
・ひげを抜く時「痛い」
・ひげが薄くなるわけではない

コンシーラー・BBクリームなどの化粧品を使う

女装のひげを隠す化粧品
実は女装の青ひげは、コンシーラー・BBクリームといった化粧品でも目立たなくさせることは可能です。
本来、この化粧品は女性が「シミや肌のくすみ、そばかすなど目立たなくさせる」用途で使われます。
それを青ひげの跡に重ねていく感じですね!

メイクに慣れていない頃は難しいですが、何度か練習していけば上手くひげの跡を隠すこともできます。
ですが、「ひげの濃い人」「青ひげが目立つ人」は化粧品だけでは隠しきれないパターンも多いです。

また、口周りだけ厚塗りメイクにしてしまうとバランスの崩れた女装メイクになってしまうのでその部分も注意が必要です。

こんな人にオススメ・女装メイクでひげをカバーしたい人、ひげがそこまで濃くない人

POINT・痛みや肌荒れの心配はナシ
・メイクだけで青ひげを隠せる
・市販の化粧品でもOK
・メイクに慣れるまでが大変
・厚塗りメイクになると不自然

ひげを薄くできる抑毛剤(ローション)を使う

ゼロファクター
毛抜き⇒化粧品と試してきて、最後にたどりついたのが「抑毛剤」
ひげを抜いたり、隠したりするわけではなく、抑毛剤はひげの毛根に毛を薄くしたり細くしたりする成分で働きかけていきます。

抑毛剤の種類もたくさんありますが、その中でも僕が愛用しているのが「ゼロファクター」という抑毛剤。
発売から20年近くの実績がある+販売実績180万本突破!という情報を見て「試しに使ってみようかな・・・」と思ったのがきっかけでした。

使い方としては、「毎朝ひげを剃った後に、ゼロファクターを塗るだけ」と、かなりシンプル。
正直なところ、使い始めの頃は「塗るだけでひげが薄くなるなんて嘘っぽいな・・・」と思っていたのが本音です。

しかし、1ヶ月・2ヵ月・3ヵ月と使い続けているうちに段々とひげが薄くなり、今では女装の時に気になっていた”青ひげの跡”もすっかり目立たなくなりました!

女装の時もひげが目立たなくなりました抑毛剤を3ヵ月使ったあとの女装です。↑

「使い始めていきなり効果が出る!」という即効性はありませんが、継続していけば濃いひげを細くしたり、薄くしたりすることは可能です。
女装したいけど、ひげの跡に悩んでいる・・・ という方にぜひオススメしたいですね!

こんな人にオススメ・ひげを薄くしたい人、手軽にひげの跡を目立たなくしたい人

POINT・3ヵ月継続して使う必要はアリ
・毎朝、ひげ剃りの跡に塗るだけ
・肌荒れなどの肌トラブルリスクも少ない
・一時しのぎではなく、ひげの濃さをしっかりと解決できる
先着100名で「初回980円」で購入できる!※通常価格は9000円

女装のひげ対策におすすめ【ゼロファクター】の公式サイトはこちら