月無ことのは日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月無ことのは日記

美少女ブロガー、月無ことのはちゃん(@tukinasikotonoh)の雑記ブログ!

月無ことのは日記

【女装初心者必見!】女装メイクに必要な化粧品とアイメイクのコツを教えるよ!

 どうも、月無ことのは(@tukinasikotonoh)です。

 女装を志す女装男子にとって第1の関門となるのが女装メイクに必要な化粧品選び。

 僕(月無ことのは)は当ブログで2回ほど、女装レポートをアップしている。

www.tukinasikotonoha.com

↑こちらの女装時は「ネットでググった得た情報+自己流のメイク」を行った結果、アイメイクの完成度があまりよろしく無い女装姿をインターネットの海に流してしまう結果となった。

 

www.tukinasikotonoha.com

↑そして、つい先日アップしたこの記事。

 こちらの女装レポートでは「女装姿で外出してナンパされる」という狂った目的の為に女装を実行した。

 この時の女装メイクは現役女子(僕の彼女)の全面バックアップの元、前回よりもクオリティのアップした女装姿を実現させることができた。(大満足)

月無ことのは(女装)月無ことのは(女装)

 

 そして思ったことがあったのだ。

「女装メイクに必要な化粧品がまとめられている情報があれば、女装に興味がある人の参考になるのでは??」と。

 実際問題、僕も女装を始めようと思った際はGoogle検索で「女装 メイク」「女装 初心者」といった検索キーワードで情報収集をしていたのを覚えている。

 だが、どの女装メイク情報もしっくりと来るものは無かった。

 それもそのはず。なぜなら僕がやりたかった女装は「ロリータ服を着る女装」だったからだ!

 ロリータともなれば、厚塗りメイクになるのは避けては通れないだろう。

 だが、非常に残念なのことに「女装のロリータメイク」を丁寧に解説してくれているサイトは少ない。

 情報源が少ないともなれば、「女装したいけど、どの化粧品を買ったら良いのか分からない!!!」という状況に陥ってしまう人も居る事だろう。

 なので、今回の記事では実施に女装を体験した僕が
「女装メイクに必要な化粧品+アイメイクのコツ」を紹介していきたいと思う。

 後、ちょっと話は逸れるがこの記事を読んでくれている人で、もし
「女装に少しでも興味がある!」という人が居れば、女装の系統として、

「ロリータ」を僕はオススメしたい。

 これは実際に僕がロリータ女装をしたから勧められるというのもあるが、ロリータファッションはある程度完成されたファッションなので、メイクさえキメテしまえばある程度可愛く女装することができるからだ!

(ロリータ女装男子・・・・・!)

それでは早速、「女装メイクに必要な化粧品とアイメイクのコツ」をアナタに教えていくよーッ!!

まず、女装メイクで使う化粧品を把握

女装メイクに使う化粧品一覧

 各化粧品やメイク道具の紹介に入っていく前に、女装メイクの流れだけざっと書いておきたいと思う。

 現在の僕(月無ことのは)の女装メイク手順は下記のような感じ。

「化粧水⇒乳液⇒アイプチ⇒BBクリーム⇒ファンデーション⇒アイシャドウ⇒アイライナー⇒つけま⇒涙袋⇒チーク⇒リップ」

全体の流れをお伝えしたところで、化粧品やメイク道具の紹介にうつっていきまー!

化粧水

 知っている人も大勢居ると思うがメイクをする際はまず、化粧水というものをたくさん肌に浸透させていく。
(僕は女装をするまで、「化粧水」の役割すら知らなかったので今回の記事では化粧品の基本的な知識の部分もちょくちょく引用などを活用して説明していこうと思う。※途中で投げ出したらごめんなさい。)

化粧水(けしょうすい)とは、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ透明液状を呈した化粧品である[1]。ローション、トナー、トニック等と呼ばれることもある。例外的な使用法とし て、ファンデーションや白粉に加え、粘度の調整やつけやすくする目的で用いることもある。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

 化粧水には水分と保湿効果が含まれており、これを肌に浸透させることによって肌のキメを整えることができる。

 化粧品というものは油分で構成されているものが多いので、「化粧水」をしっかりと浸透させておかないと、よく言う「化粧ノリが悪い」という事態が引き起こされてしまうのだ。

 化粧水を使うときはケチらずたっぷり肌に浸透させていくことが大事。

 優しく指で叩いていく感じだと、浸透し易いのでおすすめ。

 上記の商品は商品は僕が使って化粧水の新しいモデル。

毎日使う人は高めの化粧水が良いけど、女装メイクの場合は使用頻度も少ないので安いタイプから購入するのが良いよ!

乳液

 次に使うのがこれ、「乳液」

 ちなみに乳液には下記の様な役割がある。

また、乳液とは適度な油分を含み、皮膚からの水分発散を防いでくれる役割がありますが、美容液は油分を中心としない保湿成分が多く含まれています。 そのため、使用する際は「化粧水」→「美容液」→「乳液」の順に使うのが正解です。 ただし、アンチエイジング成分に特化した美容液は保湿成分が少ないため、下記の手順が一般的です。

引用元:化粧水や乳液との違い - 美容液の効果がわかる

 「あれ?<美容液>は使わなくて大丈夫なの???」と疑問に思った人もいることだろう。

 メイクによる肌ダメージの蓄積が気になる場合は、先に美容液を使うのも1つの手段だが、毎日女装メイクをするわけでは無いので「美容液」については使わなくても大丈夫だろう。※肌の乾燥やシミなどが気になる人は使った方がいいかも!!

 だが、「乳液」については使っておいたが方が良い!

 乳液は化粧水で与えた水分と保湿を肌に閉じ込める役割(水分発散防止)がある。

肌の潤いをキープすることは化粧ノリにも大きく影響するので、化粧水が渇いたら乳液を塗っていくのが最適!
(化粧水はたっぷり使うけど、乳液はそんなに多く塗らないのがポイント!)

アイプチ 

 女装メイクでかなり重要な工程を担う「アイプチ」

 「アイプチ」っていうのは簡単にいってしまえば「人為的に二重まぶたを作り出す」ためのメイク道具。※元々二重まぶたの人は使わなくても大丈夫。

 アイプチ商品の中にもテープでまぶたを固定するタイプや、のりを粘着させて二重まぶたを作り出すタイプなど様々。

 個人的におすすめなのは、上記の「アイプチのり」タイプ。

 何故かというと「アイプチテープ」はまぶたから剥がすときめちゃめちゃ痛いから。。(まぶたが剥がれそうになる痛み)※実証済み。

 アイプチのりはメイク落としオイルや洗顔で簡単に落とすことができるので、まぶたへの痛みや負担も少ないので肌荒れの心配も無し!

 最初は二重まぶたを作るのが難しいと感じる人も多いけど、何度か練習すれば「自分の二重ライン」というものが分かってくるので大丈夫。
(二重まぶたを作る説明書も付属してる。)

 アイプチで二重まぶたを作る際のコツとしては

「二重まぶたにする部分に塗った、化粧水と乳液をティッシュなどを使って事前にふき取っておくこと」

 ↑これをやっておくことによってアイプチのりが持つ粘着力を落とすこと無く二重まぶたをキープし続けることが可能になるのだ。

「一重⇒二重」になると顔のイメージも大分変わるので、アイプチマスターになってパッチリお目目を実現させちゃおう!

リキッドファンデーション

 「ファンデーション」は肌のシミや毛穴、など多い隠すための化粧品。

 男子の場合は女子と比較すると、毛穴などが目立ちやすい傾向にあるので厚化粧にしてしまうのが手っとり早い対策方法。

 また、リキッドファンデーションを選ぶ場合は上記の商品のような「とにかく明るいカラー」を選択することも大切。

 とりあえず明るいカラーを選んでおけば「色白の女の子」を女装で再現できることができるので。(色白の女の子、可愛いよね!)

 だが、「顔だけ色白だと白浮き(腕や手と肌の色が違う)して変じゃないの??」という疑問を持つ人もいることだろう。

 対策方法は簡単。

 「腕や手を服で覆い隠す!!!!」

 ロリータ女装は肌の露出面積が少なく、手袋などの小物も合いやすい系統なので違和感無く肌を隠せるのが大きな強み。

 なので、白浮きを気にせずリキッドファンデーションをガンガン使って色白肌を実現してしまおう!!

 ただし、アイプチ部分に塗ると、二重まぶたが崩れてしまうのでその部分だけは避けることが大切。
(後からアイシャドウでまぶた部分はごまかせるのでアイプチ部分はファンデーションを塗らなくても大丈夫)

女装に都合が悪い部分は、覆い隠してしまう!!!

パウダーファンデーション

 電車や飲食店などでメイク直しをしている女性を見たことがある男性は多いことだろう。

 そのような場面でよく使われているのがこの「パウダーファンデーション」

 僕が実践している女装メイクでは「リキッドの上にパウダーを重ね塗り」という厚塗りメイクで肌の色を整えている。

 注意して欲しいのがリキッドファンーでションも、パウダーファンデーションを買う時も選ぶカラーは「とにかく明るいカラー」を選択すること。

 変に地肌の色と合わせてしまうと、色白にならないので。

 そして、リキッドファンデーション同様に、アイプチ部分は避けて塗ること。

ここまでくれば、色白肌は完成!!

こっから先はアイメイクのコツも同時にご紹介!

 女装メイクにおいて非常に重要となるのが「アイメイク」

 ※なぜなら、女装は「口元を隠す」パターンが多いから。

 その分、バッチリ目元をメイクしておかないと女の子っぽさに欠けちゃうので。。

それじゃ引き続き、化粧品の紹介と合わせてアイメイクのコツも書いていきまー!

アイシャドウ

 ここでようやくアイシャドウの登場。

 アイシャドウも多くの化粧品メーカーが商品を出しているが、3~4色あれば十分なので上記のように明るい色+暗い色がセットなっている安いタイプでもOK。

 僕のアイシャドウの塗り方としては、「1番明るいカラー⇒3番目に明るいカラー」の順序でアイプチの二重まぶた部分に優しく塗り広げていく感じ。
※僕が持っているアイシャドウは4色タイプだけど、2番目に明るいカラー(肌色みたいなやつ)は使ってない。

 このときは、指を使うとアイシャドウが綺麗に広がりやすいよ!

 そして、一番暗い色のアイシャドウだけは付属のメイクブラシなどを使って
「二重まぶたの線」の下だけに優しく塗っていくのがポイント!

アイシャドウの塗り方

アイプチで作った二重まぶたが崩れないようにやさしくね!!

アイライナー

 目元を際立たせるアイメイク、それが「アイライナー」

 僕が使って居るリキッドタイプのアイライナーは「落ちにくい+細かい部分まで描ける」というメリットがあるのどれを購入していいか迷った場合は使ってみてね。

 アイライナーを引くラインは「まつげの生え際のすぐ上」

 アイライナーは一気に引くとズレてしまう可能性が高いのでちょっとずつ引いていくのがポイント。

 たれ目にしたい時は目じりを若干下方向に引く、ツリ目は逆に上方向に引いていく感じ!※やりすぎ注意。

ラインを引くのに自信が無い。。という人はペンシルタイプもおすすめ!

 

ビューラー

 まつげを巻くために使うのがこの「ビューラー」というメイク道具。

 僕が使っている33mm幅のタイプは比較的大きめのビューラーなので、男子が使って大丈夫やで!

 ちなみに僕は、つけまつげを付ける前に、ビューラーを使って「自まつげ」を先に巻いているよ!

 何故、先に自まつげを巻いておくかというと、つけまつげと一緒に自まつげをビューラーで挟もうとすると、上手く挟みこめないから。

 自まつげを先にまいておけば、つけまつげを付けるだけでOK。

ビューラーを使うといかにも「メイクしてる・・・・!」って感じになるから不思議。

つけまつげ

 まつげのボリュームを簡単に増やせるのが「つけまつげ」

 あまり派手なタイプではなく、シンプルなものを選ぶのが個人的にはおすすめ。

 ウィッグの色とかと合わせるのも最適。※僕はウィッグの色がブラウンなのでそっちに合わせる感じ。

つけまつげを付けたあとは目をこすらないように意識しよう!!

涙袋を作る(アイブロウ+アイシャドウ)

 目元の可愛さを出す上で欠かせないのが涙袋。

涙袋

目元の印象を変えるものの一つに涙袋があります。最近は芸能人の涙袋についてインターネット上でも話題になっています。イラストを見ていただくとわかる通り、涙袋があると目が大きく見え、柔らかく可愛らしい女性の印象を与えます。

引用元:涙袋形成 | 美容外科・美容皮膚科・形成外科 共立美容外科仙台院

 一応、涙袋を作るための化粧品は商品として売られているけど、人によっては上手く涙袋が作れない場合はある(まさに僕がそう。)

 なので、僕はアイブロウとアイシャドウを組み合わせて「涙袋」を作っているよ!

 ※アイブロウは本来、眉毛を描くための化粧品。

涙袋の作り方

 手順としてはまず、アイブロウのリキッドを使って「涙袋のライン※黒目の下ぐらいから)」に薄く線を入れていく感じ。(上記画像の黒線部分)

 ※強く線を描いたり、目頭からラインを引くと「目の下にできたクマ」になってしまうので注意。

 アイブロウでラインを引いた後は先ほど使ったアイシャドウの「1番明るいカラー」をラインのすぐ上に塗り広げていくよ!(上記画像の白線部部)

 こうやって化粧品の使い回しが効くのは良いよね。

 

 涙袋が上手く作れると赤い矢印部分のようになるじぇい! 

芸能人の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが涙袋作るの上手いよね!

チーク

 頬の赤み具合を出すのがこの「チーク」という化粧品。

 アイシャドウ同様に僕は「キャンメイク」というメーカーのチークを使っている。

 (キャンメイクさん優秀すぎやで)

 チークを塗るポイントとしては「笑ったときに頬が上がる部分」にまるーく塗り広げていく感じ。※塗りすぎるとアンパンマンになるので注意。

チークの塗り方

チークを女装メイクで経験したことによって、女子を見る時ににチーク部分に真っ先に目がいくようになりますた。

口紅

 女装ではマスクで口元を隠すパターンも多いけど、口紅も一応紹介。

(ちなみに、僕は女装して外出した時は口元は全部隠さずに輪郭部分だけマスクで隠して外出した。)

 口紅はあまり明るい色だと目立つので、ローズ系などの無難な色がオススメ!

完成した女装メイク(コーデ)を披露するよ!

 ここまで、商品の紹介とちょっとしたメイク事例(自撮り解説付き)でお送りしてたけど、「結局のところ完成した女装姿はどうなるんや????」と気になる人も居るだろう。

というわけで、僕(月無ことのはちゃん)の女装メイク+女装コーデを披露していくぞッ!!

 月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 毎度恒例の「ことのはちゃんポーズ!!!」※足をクロスしてるだけ。

 (手袋でスマホタッチできないの不便すぎる・・・)

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 お出かけスタイル!!(この日は外出してません。)

 「ジト目っぽくてええわぁ~~~~!ロリータ服最高ッッ!」

月無ことのはちゃん月無ことのはちゃん

 「ワクワク・・・・・!」「ことのはちゃん、ピース!!!!」

 ちなみに、上記の女装コーディネートで着ている服や帽子、カバンは
「アクシーズファム(axes femme)」というファッションブランド。

  レディース服だけど、全体的に大きく作られているから女装男子が着てもぴったりなのだ!

 ※スカートとトップス(ブウラスの上にきているやつ)はAmavel(アマベル)っていうブランドね!

 女装服は実際に試着して購入するのが一番いいけど、初めての女装でいきなり店頭に行って試着するのはかなりハードルが高いので通販サイトを活用するのも1つの手段!

 でも、通販だとサイズが合わない可能性もあるので(しかも新品なので高い。。)
「メルカリ」などのフリマサイトで安いレディース服を試しに購入してみるのもオススメだよ!

メルカリ

 

ウィッグも紹介!

 せっかくなので、僕が女装メイクと合わせて使っている「ウィッグ」も一緒にご紹介していくぞッ!

 「女装用のウィッグ」と聞くと高そうなイメージがするけど、僕が使っているウィッグはAmazonで購入した1500円ぐらいのやつ!
(前髪良い感じにパッツンになってて使いやすい・・・)

 茶髪のボブは無難なヘアーなので、初めて女装をする人にもおすすめ!

ウィッグ

↑こんな感じでウィッグスタンドにおいて崩れないように僕は保管してまーす。

 

メイクを落とすのも忘れずに!!

 女装メイクと女装コーデを完成させて、自撮りやお出かけを楽しんだ後はメイクをしっかりと落とすことも大切。

 しっかりと女装メイクを落とさないと肌にダメージが蓄積されて、シミやくすみ、乾燥肌や敏感肌の原因となってしまうので。。

 メイクを落とすことは「クレンジング」と呼ばれていて、クレンジグをするための商品も数多く販売されているのだ!

 僕が使っているのは下記の2つ!※オイルとシートを使い分けてる。

 

 

まとめ

 長くなったけどこれで僕が知ってる「女装メイクに必要な化粧品とアイメイクのコツ」の内容は終わり。

 メイクやファッションというのは人それぞれでやり方やノウハウが違うけど、最初の一歩というものは誰かの真似をして上手くなっていくもの!

 僕(月無ことのは)もお母さんや彼女にメイクを教えてもらったり、メイクの過程が動画で見れるアプリなどを使って少しずつ女装メイクのやり方を勉強している段階。

 メイク(化粧)を始めたばかりの頃は慣れないし時間もかかっちゃうと思うけど、1度手順を覚えてしまえば、ささっとできちゃうしなにより「自分がカワイクなっていく姿を見れる」のはとても楽しいよ!!

これから女装してみたい!!という人は上記で紹介した化粧品をぜひぜひ試してみてね!!