月無ことのは日記

美少女ブロガー、月無ことのはちゃん(@tukinasikotonoh)の雑記ブログ!

月無ことのは日記

半年前に書いた記事がとある検索キーワードで検索上位に来ていたお話

 どうも、月無ことのは(@tukinasikotonoh)です。

 webライターとして働き始めてから早くも4カ月が経過しようとしていますが、最近になってSEO対策というのがようやく分かり始めた気がします。

 ふと、自分が書いた記事が検索結果でどのように表示されているいるんだろと思い調べてみたのですが、少し面白い結果が得られたので共有します。

半年前に書いた記事を検索エンジンで確認してみた

www.tukinasikotonoha.com

 2016年の3月下旬に書いた上記の記事ですが、「絵 専門学校」でグーグル検索をすると、なんと検索結果1ページ以内に入るようになっていたのです!!

f:id:tukinasikotonoha:20161023221324j:plain

絵 専門学校 - Google 検索 ←こちらで検索結果ページ一覧に飛べます。

 記事を書いた当時はまだ、以前の職場でweb制作の進行管理業務の仕事をしていたのでwebライティングの知識はほとんどありません。

 グーグルの検索結果一覧というのは、「検索する人の住んでいる地域」「検索をする時間帯」「その人の検索履歴」などによって順位が変動してくるのですが、複数の環境でテストしてみても上記の記事は

「絵 専門学校」という検索キーワードで上位*1に入っているのです。

 気になって記事ページにて「CTRL+F」で検索をかけてみると納得いく理由がみつかりました。

 「絵」CTRL+Fをすると合計23個

 「専門学校」CTRL+Fをすると合計13個

 「検索されたいキーワードを記事に上手く含む」

というSEO対策の基本を半年前の僕は無意識のうちに実践していたようです。

※単に記事が長いというものあります。(5,440文字もある)

これからも検索順位を上げるためには?

 とはいえ、検索キーワードをたくさん記事に盛り込むだけでは検索結果を上に上げることは難しい時代となっているのが現状です。

 グーグルは定期的に検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしているので、コンテンツの薄いページを上げようとすると、どうしても限界が来てしまうのです。

 このアップデートのことを「ペンギン・アップデート」と呼ぶらしいです。僕もwebライターになって初めて知りました。

www.seohacks.net

 

 僕が書いた下記の記事は「失敗談的な内容」なのですが、検索する時間帯によっては専門学校の公式webサイトよりも上にくるときがあります。※はたしてそれでいいのか?

www.tukinasikotonoha.com

 また、現在書いた記事の中でも一番のアクセス数を持っている記事でもあります。

 やっぱり僕と同じようなことを考えている人は多いんですね。

 ちょっと期待して「イラスト 専門学校」でも検索をかけてみましたがこちらは余裕の7ページ目でしたw 

(おそらくイラスト系の専門学校は上記の検索キーワードでSEO対策を行っているはず)

イラスト 専門学校 - Google 検索

 

 「webの業界ってこんな感じで結果がすぐ目に見えて分かる」から面白いですよね。

 これからも時間をかけて書く記事は多くの人に読んで貰えるように

「SEO」と「面白さ」を意識していきます!

 

 ※余談ですが「退職エントリ」の検索キーワードでも1ページに入ってました。(ブロガー界で有名なイケダハヤトさんのすぐ下になってる・・・!)

f:id:tukinasikotonoha:20161023221252j:plain

退職エントリ - Google 検索

おわり。

関連記事

【2016年11月】Googleアドセンス審査通過+審査通過のためにやったこと

【お年玉の使い道】ココナラでイラスト依頼をしてオリジナルのアイコン作成!

【ブログで稼ぐ】おすすめのブログテーマ7選(はてな+Wordpress)

*1:検索上位の定義は色々ありますが、本記事では「検索結果1ページ目」ということにしています