月無ことのは日記

美少女ブロガー、月無ことのはちゃん(@tukinasikotonoh)の雑記ブログ!

月無ことのは日記

ブロガーとアフィリエイターに心からおすすめできる1冊の本を紹介するよ!

 どうも、月無ことのは(@tukinasikotonoh)です。

 突然だが皆さん、本を読むのは好きだろうか?

 僕は昔から学校の教科書を開いたり、分厚い本を読むのが大の苦手だったのを覚えている。

 そのため、小学校の頃は漫画ばかり読んでいたのが懐かしい。

 そんな漫画少年だった僕も、中学生に進学した頃に初めて「自分専用のノートパソコン」というものを伯父さんにプレゼントしてもらった。

 当時はパソコンという「新しいおもちゃ」を触るのが本当に楽しくて、毎日Youtubeやニコニコ動画、オンラインゲームに浸っていた思い出も懐かしい。

 そしていつしか、本を読むのが苦手な僕は「パソコンの本(といっても雑誌なのだが)」で、大好きなパソコンの知識を身につけるようになっていった。

 

 ちなみに、中学校1年から高校1年生までドハマリしていたパソコン雑誌は「Windows100%」という雑誌である。

 このパソコン雑誌は「文章を読むのが苦手だった僕」を大きく変えたシリーズなので一生忘れることは無いだろう。(ある程度パソコンの知識が付いた今では購読していない)

 僕がこのパソコン雑誌で気付いたこと(変わったこと)はもう1つある。

 それがなんなのかというと

 「自分の為になること、自分の好きなこと、自分の興味があること」について綴られた本や文章を読むのは楽しい! ということだ。

 

 話が大きく逸れたが、僕は今「自分の書いた文章(記事)をブログという形でネットに公開」することに凄く楽しさと新たな可能性を感じている。

 ブログの楽しさは「誰でも簡単に情報発信できる」ことだと僕は考えている。

 だけど、「文章を書く」という行為は簡単なことのように思えて、意外と難しい。

 「自分の書きたいように書ければオッケ~~!」というのであれば、そこまで気にしないが「ブログを多くの人に読んでもらいたい!」と考える人や「ブログを活用して、ちょっとしたお小遣いを稼ぎたい!」と考える場合は、ただ書き殴るだけでは実現するのが難しいだろう。

 前置きが長くなかったが、今回の記事では「ブログを多くの人に読んでもらいたい!」ブロガーや、「ブログ(サイト)から収益を上げられるにしたい!」と考えるアフィリエイターに、「心からおすすめできる1冊の本」を紹介していきたいと思う。

文章を書くことは楽しい、そして意外と難しいというのもまた事実。
今回の記事で紹介する本は「ブログ運営」に行き詰っている人にもおすすめできるブロガー必見の書です!

今回僕がおすすめする本 

 知っている人も多いと思うし、「今更かよ~~~」と考える人も居るかもしれないが、僕がブロガーとアフィリエイターに、是非読んで欲しいと思ったは下記の本だッ!

沈黙のwebマーケティング

「沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−」

 実はこの本、昨年(2016年)の11月末に購入してから「読もう読もう」とずっと思っていたのだが、ずるずると後回しにしてしまい、3ヵ月近くも放置してしまっていた・・・(ゴメンヨ・・・沈黙のWebマーティング)

 ネットでも評判の良い本で、はてなブロガーの間でも絶賛している人は多い。

 そこまで絶賛されると読んでみたくなる!と思っちゃうのは人の性だよね。

かるーく本の内容を紹介

沈黙のwebマーケティング

引用元:沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

 上記が、「沈黙のWebマーティング」の目次。

 ちなみに「マーケティング」と本のタイトルについているが、本書は「Webライティング」についても非常に為になる内容が分かりやすく綴られている。

 500ページ近くある分厚い本だが、途中でイラストを挟んだり、とっつきやすい「吹き出し形式」のキャラ同士のやり取りがあるので、文章を読むのが苦手な人でもすんなりと読めちゃうのが本書のメリット。

沈黙のwebマーケティング

引用元:沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

「ブロガー」に活かせる内容

 ただ、感想を書くのも面白みが無いので、ここからは「僕なり(月無ことのは)」の本書の活用できる部分を「ブロガー」「アフィリエイター」に区分して皆さんにお伝えしていきたいと思う。

 まずは「ブロガー」に活かせる内容から。

 僕が沈黙のWebマーティング」で「ブロガーに活かせるな!」と思ったのは下記の2項目。

  • コンテンツSEOの誘惑 ※EPISODE05
  • 真実のソーシャルメディア運用 ※EPISODE07

 「コンテンツSEO」という言葉を耳にしたことのある人は少ないと思うが、これは簡単にいってしまうと「ブログの差別化」

沈黙のwebマーケティング

引用元:沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

 人気のあるブログや、勢いのあるブロガーには少なからずどこかで「他者との差別化」というものを図っている。

 本書の「コンテンツSEOの誘惑」という項目では、「どうすれば自分のサイト(ブログ)で人気を集められるか?」という方法が非常に分かりやすくまとめられていた。

 そしてもう1つが真実のソーシャルメディア運用」

 現在、ブロガーの多くが活用しているとされるSNSが「Twitter」

 本書ではソーシャルメディアの運用方法も、体系的にまとめられていたことには非常に感心した。

 TwitterなどのSNS運用1つにもここまで徹底的に解説している本はこれまで読んだことがない。

 SNSを良く使う人には是非1度読んで欲しい項目。

アフィリエイターに活かせる内容

 先に謝っておくと僕(月無ことのは)は「アフィリエイター」ではない。

 だが、アフィリエイターがどういう職業で、どのような体系で収益を得ているかは把握しているつもり。

 そしてここからは僕が本書を読んで感じた「アフィリエイターに活かせるな!」と思った内容を紹介していきたいと思う。

 その項目は下記の通り。

  • 偽りと本質のWebデザイン ※EPISODE02
  • Webライティングは二度輝く ※EPISODE03  

 アフィリエイターというビジネスモデルはその性質上「文章を読んでもらったユーザーに商品やサービスを購入」して貰わないと収益を上げることはできない。

 つまり、「読み手を引きつけるライティング力」が必要となるわけだ。

 だが、これは非常に難しい。

 「自分ではイイ!」と思った文章でもいつの間にか1人よがりになってしまうことは多々あるだろう。(実際に僕がそう)

沈黙のwebマーケティング

引用元:沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

 そして、本書の偽りと本質のWebデザイン」「Webライティングは二度輝く」は自己満足だけでなく、ユーザーのコンバージョン(購入)にたどり着くための方法が非常に分かりやすく解説されていた。 

 アフィリエイトに興味がある人は必見。

「沈黙」が持つ真実の意味とは?

 そして僕がずっと疑問に思っていた「本書の<沈黙>が持つ本当に意味」は最終章で綴られている。

 これは僕だけもかもしれないが、最終章の「沈黙」の真意を知った時は少し泣きそうになってしまった。

 沈黙のWebマーティング」を読んだ後は、自身のブログ運営や考え方に少なからず変化が現れることだろう。

 「沈黙のWebマーティング」の紹介はこれで以上!

ブログやアフィリエイトで「次のステージ」を目指すアナタに
自信を持って、僕はこの本をおすすめしますッ!

関連記事

【ブログで稼ぐ?!】実際に購入して参考になった有料NOTEと本を紹介!

【はてなブログ初心者必見】ブログカスタマイズと収益化が上手いブロガーさんを紹介!